MacからWindows「ZIPファイル文字化け問題」〜デザイナーなら気をつけよう〜

デザイン部の上原です。

デザイナーはMacを使用している率が高いですよね。
先輩デザイナーから「入稿データ名は半角英数字で!」なんて、指導されている人も多いと思います。
それは何故か。MacからWindowsに渡すデータが文字化けしてしまうことがあるから、ですよ。

普段Macしか触らないデザイナーは、データ渡し先のことをしっかり考えること!
相手はWindowsかもしれません。
MacからきたZIPを解凍したら文字化けしちゃった〜。
そんな声がちらほら聞こえてきます。

文字化けの原因

文字化けの原因は、文字コードの違い。
ざっくり言うと「Shift_JIS」と「UTF-8」でのエンコードの違いです。

そこで、最初の先輩デザイナーの言葉。
「入稿データ名は半角英数字で!」が活きてきます。
半角英数字を使っておけば文字コードによる問題は起こりません。

でも、半角英数字のファイル名は既読性が悪いのも確か。
ファイルが多いときなんて、目がすべるすべる。
arenokorenosonofile.pdf
ashita-kino-kyo.ai
anatanonamaehanandesuka.eps

日本語名でファイルを渡したい時もあります。

Unicode(UTF-8)が使われるようになってから、OS間の文字問題はなくなってはきてはいます。
が、現状では日本語で作ったフォルダやファイルをMacでZIP圧縮し、それをWindowsで開く場合は文字化けが起こってしまいます。
相手側で文字化けを回避してくれる解凍ソフトを使う場合もあるかもしれませんが、相手のことも考えてこちら側で回避できるならば、問題が起きないように圧縮をしましょう。

文字化けしないで圧縮できるツールを使う

問題が起きないように圧縮するために、Windowsで解凍しても文字化けしないツールを使って圧縮しましょう。
おすすめのツールを上げておきます。

MacWinZipper
Macで作ったZipファイルをWindowsユーザーへ渡したときに起こる2大トラブル「余計なファイルの混入」「ファイル名の文字化け」を防いで、クリーンにZipアーカイブすることに特化したアプリケーション。

ZIPANG
MacOS(10.9 Maverick以降)にて動作するZip圧縮/解凍ソフトウェア。
圧縮/解凍時にファイル名の文字コード変換を行い、あらゆるOSを対象としたZipファイルを取扱うことができる。

MacZip4Win
長らくお世話になりましたが、Mac OS X 10.5.4以降は動作不明です。
OS10.9以下を使っている方はMacZip4Winがおすすめです。
※現在は、再配布サイトのみとなっているようです。

 

今回はMacからWindowsへのZIP圧縮について言及しましたが、機種依存文字(たとえば①や㈱など)を使ってしまうとメールでも通常ファイルでも、Mac・Windows間の文字化け問題は起こってしまいます。自分の環境が全てではありません。相手の環境も考えたデータのやり取りができるデザイナーになりましょう。

相手のことを考える、何においても重要ですよね。

 

 

月別アーカイブ

PAGE TOP