名碗にたずねよ。

秋なので

読書の秋・芸術の秋 にからめてブログします。

 

読書の秋

 

好きな本のリストの中に

『利休にたずねよ』という作品があります。

 

タイトルのとおり、千利休が主人公の物語です。

少し古い本です。

第140回(平成20年度下半期) 直木賞受賞

 

 

歴史は得意ではなく…

この本に触れるまでは”利休”といえば

秀吉に切腹を命じられた茶の湯の人、程度の理解度(笑)

 

この本に惹かれたのは装丁

特にタイトル文字の筆文字が

物語の主人公 利休の”人となり”を表しているのだろうと、

 

目を惹く儚げに描かれた宗旦木槿(そうたんむくげ)

※花が違っていたらすみません

背景に溶け込む紫の花との対比が多少恐ろしく

読み終えて改めて見ると頷けた記憶があります。

 

しばらくは

その利休に逢いたくて逢いたくて

物語の中の利休の存在感がずっとついてまわっていて

困った。

 

※作家宮部みゆきさん 解説

「作者は利休に、何を『たずねよ』と呼びかけているのか。一人ひとりの読者によって、この<解>は異なるかもしれません。これこそが小説の醍醐味です」

 

芸術の秋

 

古い本を思い出したのは、名碗を見る機会があったからだと思います。

 

 

利休が弟に贈った漆黒の名碗にも触れてきました(もちろん目視で…)


(長次郎作 黒樂茶碗 銘 万代屋黒)

 

●ページTOP 国宝「白楽茶碗 銘 不二山」本阿弥光悦作
●ポスター 「赤楽茶碗 銘 障子」本阿弥光悦作

PAGE TOP