この地で350年磨かれてきた「美しい液体」真澄。

※トップ写真は、つい先日諏訪蔵にお伺いした時のもの

お待たせしました。
おまたせし過ぎたかもしれません。
クリエイターズTeamの「だーまつ」こと松田です。

諏訪に、ちょっとうれしい「事件」発生です。

信州を代表する日本酒蔵元、宮坂醸造様が
諏訪の地で350年醸す、日本を代表する清酒「真澄」。

この度、商品の一部がリニューアルされたんです。
詳しくは、先日公開したばかりのこちらのサイトをご覧下さい。

「新しい真澄」
https://www.masumi.co.jp/new/

1946年、真澄の諏訪蔵にて偶然発見された酵母が
「協会7号酵母」として全国各地の著名な酒蔵に採用され、
現代に至る「プレミアム日本酒」の礎に。
今回のリニューアルは、もう一度その「7号酵母」に立ち返る
挑戦です。

「老舗こそ、最先端」
「老舗こそ、挑戦者」

350年磨かれ、研ぎ澄まされてきた「美しい液体」。
それが真澄。

和食はもちろん、フレンチやイタリアン、中華、エスニック、
あるい、チーズやフルーツ、チョコレートに合わせてみる。
そんな楽しみ方があるかもしれません。

さらには、モダンジャズに合わせる、フランス映画に合わせる
ロシア文学に合わせる、コンテンポラリーアートに合わせる…。
飲む人の「特別な」時間に寄り添う、親しい友人のような存在に
なることでしょう。

信州諏訪から世界に向けて、
350年の老舗の挑戦。
今後続々生まれる新しいラインナップに期待!です。

 

PAGE TOP